鳥海 青児 (洋画家)   絵画・油絵  販売 買取 価格査定

 

 鳥海 青児 絵画作品を販売、買取、評価、価格査定しております。

 神戸 川田画廊へお気軽にご相談ください。  

 

 〒658-0081 神戸市東灘区田中町1-13-22-102     MAP : >>>

 TEL : 078-451-1154         FAX : 078-451-1155     Mail : kawata@ever.ocn.ne.jp

 

 OPEN  10:00 - 18:00    水・日・祝日 休廊

 

 

 鳥海 青児 (ちょうかいせいじ) 略歴

 

 1902年  神奈川県平塚市生まれ。

 1916年  藤嶺中学校(現:藤嶺学園藤沢高等学校)に編入学する。

 1927年  関西大学経済学部卒業。春陽会初入選(在学中)

 1928年  三岸好太郎、三岸節子、森田勝と札幌市に滞在。

 1929年  春陽会賞受賞。

 1930年  渡欧。

 1931年  パリにて、海老原喜之助、野口弥太郎、森田勝と交遊する。

 1933年  帰国、春陽会会員。

 1939年  作家の美川きよと結婚後、再び中国へ旅行。浮世絵の収集を始める。

 1940年  『沖縄風景』を制作。

 1941年  原精一と男鹿半島に旅行。

 1942年  仏画に興味を抱き、表具の自装に熱中する。

 1943年  春陽会を脱退し、独立美術協会会員となる。

 1956年  芸術選奨文部大臣賞受賞。

 1957年  第4回サンパウロ・ビエンナーレに10点出品。

        『かぼちゃ』がニューヨーク近代美術館に収蔵される。

 1958年  現代日本美術展優秀賞受賞。『ピカドール』制作。

 1959年  毎日美術賞受賞。エジプト、イラン、イラク、インドへ旅行。       

 1963年  中川一政を団長とする画家代表団の一員として中国を訪問。

 1964年  ブリヂストン美術館が鳥海の記録映画を制作する。

 1968年  『小説新潮』の表紙絵を一年間描く。

 1972年  東京で歿。

 

 

 鳥海 青児 主な収蔵美術館

 

 東京国立近代美術館

 福島県立美術館

 茨城県近代美術館

 神奈川県立近代美術館

 平塚市美術館

 

 

 鳥海 青児 関連書籍

 

 ・夜のノートルダム  中央公論社 (1978/04)

 ・日本の名画〈6〉岡鹿之助・鳥海青児・海老原喜之助 講談社 (1977/08)

 

 

 鳥海 青児 所定鑑定人

 

 東京美術倶楽部鑑定委員会

 〒105-0004 東京都港区新橋6-19-15  03-3432-0191

 

株式会社 川田画廊

〒658-0081 兵庫県神戸市東灘区田中町1-13-22-102 TEL:078-451-1154 FAX:078-451-1155
営業時間:AM10:00~PM6:00 水曜・日曜・祝日休廊 Mail:kawata@ever.ocn.ne.jp