絵画・美術品の鑑定と査定について

 

・ 鑑定

鑑定とは作品の「真贋」を調べることです。

 

現存作家の場合は作家本人に確認を依頼します。また、物故作家の場合は東京美術倶楽部や、作家のご遺族・関係者により結成された所定鑑定機関に作品の真贋調査を依頼します。いずれも“有料”にて鑑定を行い、真作と認められた場合のみ鑑定書が発行されます。


・ 査定

査定とは作品の「時価評価」を調べることです。

 

一般公開オークションや業者間オークションにおける売買取引の相場評価をもとに、作品の真贋・保存状態・芸術性などの様々な要因を加味して「時価評価」を算出いたします。


所定鑑定機関による正式な鑑定を希望される場合

 

「鑑定を取るに足るか否か」まずは、当画廊にご相談の上ご決断されることをお勧めいたします。

 

鑑定には鑑定料・鑑定書発行手数料が発生し、作品が贋物でも鑑定料の返却はありません。また、鑑定料は鑑定人・鑑定機関によって異なりますが5~6万円前後になることが多く、作品によっては、たとえ「真作」であっても査定価格が鑑定価格を下回ってしまう場合もございます。 

 

お気軽にご相談ください。 


株式会社 川田画廊

〒658-0081 兵庫県神戸市東灘区田中町1-13-22-102 TEL:078-451-1154 FAX:078-451-1155
営業時間:AM10:00~PM6:00 水曜・日曜・祝日休廊 Mail:kawata@ever.ocn.ne.jp