速水御舟 (日本画家)     絵画 販売 買取 評価 価格査定

 

速水 御舟  絵画・掛軸作品を販売、買取、評価、価格査定しております。

神戸 川田画廊へお気軽にご相談ください。  

 

〒658-0081 神戸市東灘区田中町1-13-22-102     MAP : >>>

TEL : 078-451-1154         FAX : 078-451-1155     Mail : kawata@ever.ocn.ne.jp

 

OPEN  10:00 - 18:00    水・日・祝日 休廊

 

 

速水 御舟 (はやみ ぎょしゅう)日本画家 略歴

 

1894年 蒔田良三郎の次男として東京市浅草区に生まれる
1905年 市立育英小学校高等科へ入学
1908年 小学校を卒業後、松本楓湖の安雅堂画塾に入門
1909年 師である楓湖から禾湖(かこ)の号を頂く
1910年 巽画会展に「小春」、烏合会展に「楽人」を蒔田禾湖の名で出品
1911年 巽画会展に「室寿の讌」(むろほぎのうたげ)を出品。一等褒状となり宮内省買い上げの栄誉を受ける。同年、同門の今村紫紅に従い紅児会に入会
1912年 号を自ら浩然(こうねん)と改める
1913年 紅児会が解散する。その後、再興日本美術院展(院展)に活躍の場を移す
1914年 号を御舟と改め、この頃から姓を速水とする。同年、今村を中心とした美術団体・赤曜会を結成
1917年 第4回院展に「洛外六題」を出品。横山大観、下村観山らに激賞され、川端龍子と共に日本美術院の同人に推挙された
1919年 浅草駒形で市電に轢かれ左足切断の災禍に見舞われるも精力的に活動を続けた
1925年 軽井沢に滞在中、代表作の1つである「炎舞」を完成させる
1929年 第16回院展に「名樹散椿」を出品
1930年 イタリア政府主催・大倉男爵後援ローマ日本美術展覧会の美術使節として横山大観夫妻、大智勝観らと共に渡欧。ヨーロッパ各地及びエジプトを巡る
1935年 腸チフスで急逝

株式会社 川田画廊

〒658-0081 兵庫県神戸市東灘区田中町1-13-22-102 TEL:078-451-1154 FAX:078-451-1155
営業時間:AM10:00~PM6:00 水曜・日曜・祝日休廊 Mail:kawata@ever.ocn.ne.jp