竹内 栖鳳 (日本画家)     絵画 販売 買取 評価 価格査定

 

竹内 栖鳳  絵画・掛軸作品を販売、買取、評価、価格査定しております。

神戸 川田画廊へお気軽にご相談ください。  

 

〒658-0081 神戸市東灘区田中町1-13-22-102     MAP : >>>

TEL : 078-451-1154         FAX : 078-451-1155     Mail : kawata@ever.ocn.ne.jp

 

OPEN  10:00 - 18:00    水・日・祝日 休廊

 

   竹内 栖鳳 (たけうちせいほう)  日本画家 略歴

 

1864年 京都御池通油小路の川魚料理店「亀政」の長男として生まれる。本名恒吉。

1877年 四条派の土田英林に絵を習い始める

1881年 幸野楳嶺の私塾へ入門する。四条派を学ぶ。棲鳳の号を受ける。

1882年 私塾の工芸長となり、「楳嶺四天王」

      (竹内栖鳳、都路華香、谷口香、菊池芳文の高弟四名を指す)

      の筆頭と呼ばれるようになる。

      第1回内国絵画共進会で「雁に双鶴」「瀑布」が入選。

1884年 フェノロサと会う。

      第2回内国絵画共進会で「山水」「花鳥」が褒状を受ける。

      京都府画学校の北宗画科に入学。

1886年 京都青年絵画研究会結成。

      第1回展で「藤原遁世」が2等賞を受賞。

1887年 京都府画学校北宗画科を修了。結婚。絵師として独立する。

1888年 煥美協会組織。

1889年 京都府画学校(現:京都市立芸術大学)に出仕し、

      京都の若手画家の先鋭として名をあげてゆく。

1890年 第3回内国勧業博覧会展で「枯木寒鴉図」が褒状を受ける。

1891年 京都青年作家懇親倶楽部を結成。

      京都私立日本絵画共進会で「秋渓遊鹿」が1等賞を受賞。

1892年 第21回京都博覧会で「猫児負喧」が3等賞を受賞。

1895年 京都市立美術工芸学校教諭となる。

      第4回内国勧業博覧会で「松間繊月」が3等賞を受賞。

      第4回日本青年絵画共進会展で「山村晩帰」が1等賞を受賞。

1896年 第1回日本絵画共進会展で「秋夕圖」が銅牌を受賞。

1897年 第1回全国絵画共進会展で「涼蔭放牧」が2等賞を受賞。

      第2回日本絵画共進会展で「廢園春色」が銀牌を受賞。

      第3回日本絵画共進会展で「枯野狐」が銅牌を「鯉魚」が1等褒状を受ける。

1900年 7ヶ月かけてヨーロッパを旅行し、ターナー、コローなどから強い影響を受けた。

      パリ万国博覧会で受賞。

1901年 号を栖鳳と改める。

      第7回新古美術品展で「獅子」が1等賞を受賞。

1902年 第8回新古美術品展で「以太利ノ春」が1等賞を受賞。

      第12回日本絵画共進会展で「古都の秋」が銀牌。

1907年 第1回文展開催にあたって、審査員になる。

1909年 京都市立絵画専門学校開校し、専任教諭となる。

1913年 帝室技芸員に推挙される。

1917年 京都市立絵画専門学校の教授となる。

1918年 国画創作協会顧問になる。

1919年 帝国美術院会員になる。

1920年 翌年と2回にわたる中国旅行、新たな画風の展開をみた。

1924年 「班猫」制作。現在、重要文化財に指定されている。

      京都市立絵画専門学校の教授を辞任。

1925年 勲五等瑞宝章を受章。

1929年 フランスのシュバリエ・レジョン・ド・ヌール勲章を受章。

1931年 ハンガリー最高美術賞を受賞。

1933年 ドイツのゲーテ名誉賞を受賞。

      大礼記念京都美術館評議委員になる。

1936年 京都市美術教育顧問になる。

1937年 横山大観とともに第1回文化勲章受章者となる。

      帝国芸術院会員となる。

1939年 大礼記念京都美術館顧問になる。

1942年 湯河原の別荘で逝去。78歳。

 

      画塾「竹杖会」を主宰。上村松園や西山翠嶂をはじめ、

      西村五雲、土田麦僊、小野竹喬、池田遙邨ら名だたる俊英を多数輩出している。

 

 

竹内 栖鳳 主な作品

『斑猫』1924年(山種美術館) (重要文化財)

『平家驚禽声逃亡』(東京国立博物館)

『秋興』1927年(京都国立近代美術館)

『雨霽』1907年(東京国立近代美術館)

『アレ夕立に』1909年(高島屋史料館)

『絵になる最初』1913年(京都市美術館)

『薫風稚雀・寒汀白鷺』1928年(三の丸尚蔵館)

『群鵜』1913年(霞中庵 竹内栖鳳記念館)

『大獅子図』 (藤田美術館)

『羅馬之図』1903年(海の見える杜美術館)

 

 

竹内 栖鳳 関連書籍・図録

・「巨匠の日本画(1)-生きものたちの四季」学習研究社(2004/09)

・「近代日本画の源流」思文閣出版 (2000/08)

・「名作展図録」東横 (1957)

 

 

竹内 栖鳳 所定鑑定人

・東京美術倶楽部鑑定委員会

 〒105-0004 東京都港区新橋6-19-15   03-3432-0191

 

株式会社 川田画廊

〒658-0081 兵庫県神戸市東灘区田中町1-13-22-102 TEL:078-451-1154 FAX:078-451-1155
営業時間:AM10:00~PM6:00 水曜・日曜・祝日休廊 Mail:kawata@ever.ocn.ne.jp