武者小路 実篤  絵画・油絵  販売 買取 評価 価格査定

 

 武者小路 実篤 絵画作品を販売、買取、評価、価格査定しております。

 神戸 川田画廊へお気軽にご相談ください。  

 

 〒658-0081 神戸市東灘区田中町1-13-22-102     MAP : >>>

 TEL : 078-451-1154         FAX : 078-451-1155     Mail : kawata@ever.ocn.ne.jp

 

 OPEN  10:00 - 18:00    水・日・祝日 休廊

 

 

 武者小路 実篤 (むしゃのこうじさねあつ)小説家・画家 略歴

 

 1885年 東京府東京市麹町区(現在の東京都千代田区)に

       公卿の家系である武者小路家に子爵・武者小路実世の

       第8子として生まれた。2歳の時に父親が死去。

 1891年 学習院初等科入学。

 1902年 学習院中等学科入学。

 1903年 学習院高等学科入学。

 1906年 東京帝国大学哲学科に入学。

 1907年 学習院の時代から同級であった志賀直哉らと「一四日会」を組織する。

       東大を中退。

 1908年 回覧雑誌「望野」を創刊。

 1910年 志賀直哉、有島武郎、有島生馬らと文学雑誌「白樺」を創刊。

       白樺派と呼ばれる。トルストイに傾倒した。

       セザンヌ、ロダン、ゴッホなど西洋近代美術を

       日本に初めて紹介し、美術界に決定的な影響を与える。

 1911年 白樺同人からロダンへ浮世絵30枚を送る。

       岸田劉生が訪問、交友が始まる。

 1913年 竹尾房子と結婚。

 1915年 戯曲「その妹」を「白樺」に発表。

 1917年 「白樺」10月号で日本最初の西洋近代美術の美術館設立を提唱。

 1918年 宮崎県児湯郡木城村(現・児湯郡木城町)に「新しき村」を建設。

       1938年にダム建設により村の大半が水没。

 1920年 小説「友情」を岸田劉生の装幀で刊行。

 1921年 「白樺美術館第一回展覧会」を開催。

 1922年 房子と離婚。前年新しき村に入村した飯河安子と結婚。

 1923年 関東大震災。「白樺」は終刊となる。

 1935年 第10回国画会展に「女の肖像」を出品。

 1936年 ヨーロッパ、アメリカを巡遊。美術に対する関心がますます高まり

       「湖畔の画商」「美術を語る」など絵画についての感想、美術界論

       をつぎつぎと書き、また自らも絵筆をとり野菜などを描く。

 1937年 日本芸術院会員となる。

 1939年 埼玉県入間郡毛呂山町に新たに「新しき村」を建設した。

 1946年 貴族院議員に就任。日本芸術院会員を辞任。

 1949年 小説「真理先生」を『心』に22回連載(~昭和25年12月)。

       「武者小路実篤個展」を日本橋・壷中居で開催。

 1951年 文化勲章受章。

 1952年 日本芸術院会員に再選される。

 1955年 調布市入間町荻野468(現:若葉町1-23-20)に移る。

 1965年 東京都より名誉都民称号を贈られる。

 1976年 東京で歿

 

 

 武者小路 実篤 代表作


 『お目出たき人』1911年 
 『その妹』1915年 
 『友情』1919年 
 『幸福者』1919年 
 『人間万歳』1922年 
 『或る男』1921年 - 1923年 
 『真理先生』1949年 - 1950年

 

 

 武者小路 実篤 所定鑑定人

 

 武者小路篤信
 〒104-0061 東京都中央区銀座6-10-10  03-3574-1727
         (ギャラリー武者小路内)

 

株式会社 川田画廊

〒658-0081 兵庫県神戸市東灘区田中町1-13-22-102 TEL:078-451-1154 FAX:078-451-1155
営業時間:AM10:00~PM6:00 水曜・日曜・祝日休廊 Mail:kawata@ever.ocn.ne.jp