橋本 雅邦 (日本画家)    絵画 販売 買取 評価 価格査定

 

橋本 雅邦の絵画・日本画・掛軸作品を販売、買取、評価、価格査定しております。

 

神戸 川田画廊へお気軽にご相談ください。

 

〒658-0081  神戸市東灘区田中町 1-13-22-102 
   Map : >>>
TEL : 078-451-1154     FAX : 078-451-1155

Mail : kawata@ever.ocn.ne.jp
     
OPEN  10:00 - 18:00    水・日・祝日 休廊

 

 

   橋本 雅邦(はしもと がほう) 日本画家 略歴

   
1835年 
武蔵野国(現在の埼玉県)に生まれる

5歳の頃から川越藩の御用絵師であった実父より狩野派のてほどきを受け、
  12歳の時正式に父と同じ木挽町狩野家当主晴川院養信のもとに入門
  養信が没した後は勝川院雅信を師とする
1860年 雅邦の号をもらって絵師として独立、高田藤左衛門の娘・とめ子と結婚
1871年 出仕していた川越藩が廃止、兵部省の海軍兵学校において図係学係として製図を行う
  この後狩野派の絵師としての活動はほとんど出来なくなり、一時は油絵を描く
1882年 第一回内国絵画共進会では、「琴棋書画図」(MOA美術館蔵)が銀印主席を取り、
  同じく出品した「竹に鳩」(三の丸尚蔵館蔵)が宮内省の御用となる
1884年 フェノロサが発足させた鑑画会に早くから参加し、意欲的に制作に取り組む
1886年 海軍兵学校を辞し、文部省の絵画取調所に出仕し始める
1889年 フェノロサ・岡倉天心の指揮のもと、東京美術学校の発足に向けて準備を進めるも、
  芳崖が死去、その絶筆である「悲母観音」の仕上げを任される
1890年 東京美術学校開校し、絵画科の主任となり、
  下村観山、横山大観、菱田春草、西郷孤月、川合玉堂、寺崎広業、橋本静水らを指導。
  帝室技芸員制度が発足し、第一次のメンバーに選ばれる
1898年
東京美術学校を辞し、日本美術院の創立に参加
1908年 死去
   

株式会社 川田画廊

〒658-0081 兵庫県神戸市東灘区田中町1-13-22-102 TEL:078-451-1154 FAX:078-451-1155
営業時間:AM10:00~PM6:00 水曜・日曜・祝日休廊 Mail:kawata@ever.ocn.ne.jp