橋本 関雪 (日本画家)     絵画 販売 買取 評価 価格査定

 

橋本 関雪 絵画・掛軸作品を販売、買取、評価、価格査定しております。

神戸 川田画廊へお気軽にご相談ください。  

 

〒658-0081 神戸市東灘区田中町1-13-22-102     MAP : >>>

TEL : 078-451-1154         FAX : 078-451-1155     Mail : kawata@ever.ocn.ne.jp

 

OPEN  10:00 - 18:00    水・日・祝日 休廊

 

  橋本 関雪 (はしもとかんせつ) 日本画家 略歴

 

1883年 神戸郊外(現神戸市中央区楠町)に生まれる

       播磨明石藩の漢学者・橋本海関の子。本名は関一。

1903年 京都に出て、竹内栖鳳に四条派を学ぶ

1908年 文展に初入選

1913年 はじめて中国を訪問

1916年 第10回文展「寒山拾得」で特選

1917年 第11回文展「倪雲林」で特選

1931年 パリで開催された日本美術展の功により

       シュバリエ・ド・レジョン・ド・ヌール勲章を授与

1933年 第10回帝展に「玄猿」を無鑑査出品、文部省買い上げ

1934年 第15回帝展に「暮韻」を出品、宮内省買い上げ。帝室技芸員に任命される

1935年 帝国美術院会員となる

1940年 建仁寺襖絵を製作。

1945年 逝去

 

       谷崎潤一郎の『瘋癲老人日記』の颯子のモデルとされる渡邊千萬子は、

       関雪の孫に当たる(娘高折妙子の娘)。

 

 

橋本 関雪 主な収蔵美術館

・東京国立近代美術館

・京都国立近代美術館

・神奈川県立近代美術館

・静岡県立美術館

・新潟県立近代美術館

・石川県立美術館

・滋賀県立近代美術館

・島根県立美術館

・千葉市美術館

・佐久市立近代美術館

・京都市美術館

・山種美術館

・足立美術館

・北野美術館

・ウッドワン美術館

・白沙村荘 橋本関雪記念館

 

 

橋本 関雪 関連書籍

・「師とするものは支那の自然」   ミネルヴァ書房 (2007/10)

・「白沙村人随筆」  中央公論社 (1977/08)

・「支那山水随縁」 文友堂書店 (1940)

 

 

橋本 関雪 所定鑑定人

・東京美術倶楽部鑑定委員会

 〒105-0004 東京都港区新橋6-19-15   03-3432-0191

 

株式会社 川田画廊

〒658-0081 兵庫県神戸市東灘区田中町1-13-22-102 TEL:078-451-1154 FAX:078-451-1155
営業時間:AM10:00~PM6:00 水曜・日曜・祝日休廊 Mail:kawata@ever.ocn.ne.jp