村上 華岳 (日本画家)     絵画 販売 買取 評価 価格査定

 

村上 華岳 絵画・掛軸作品を販売、買取、評価、価格査定しております。

神戸 川田画廊へお気軽にご相談ください。  

 

〒658-0081 神戸市東灘区田中町1-13-22-102     MAP : >>>

TEL : 078-451-1154         FAX : 078-451-1155     Mail : kawata@ever.ocn.ne.jp

 

OPEN  10:00 - 18:00    水・日・祝日 休廊

 

 

 

   村上 華岳(むらかみかかぐ) 日本画家 略歴

 

1888年 大阪に生まれる。本名は武田震一。

1895年 神戸の村上家に預けられて、神戸市神戸尋常小学校に入学。

1901年 13歳の時には実父が死に、実母は再婚して行方知れずとなり、

        武田家の家督を継ぐこととなった。

1904年 養父母の姓である「村上」を名乗ることとなる。

1907年 京都市立美術工芸学校に卒業。

1911年 京都市立絵画専門学校卒業。

1913年 京都市立絵画専門学校研究科卒業。

1908年 文展に出品を始めた。

1916年 華岳にとって初の仏画である『阿弥陀之図』が第10回文展特選。

1918年 京都市立絵画専門学校の同窓であった村上華岳、土田麦僊榊原紫峰

        小野竹喬、野長瀬晩花の若手日本画家5人は国画創作協会を設立した。

1923年 兵庫県芦屋市に転居。

1926年  久邇宮家の献上画を制作。

1927年 神戸市花隈に転居。

        以後の華岳は京都の画壇とは距離を置きつつ、個性的な山水図や牡丹図、

        水墨にプラチナ泥(でい)を併用した仏画などを残している。

1935年  帝国美術院第一部無鑑査となる。

1939年 喘息のため51歳で死去。

 

   村上 華岳 主な作品

・夜桜之図(1913年)(京都国立近代美術館)

・中国列仙伝 全十六幅 (1915年)(中野美術館)

・日高河清姫図(1919年)(東京国立近代美術館、国の重要文化財)

・裸婦図(1920年)(山種美術館)

・観世音菩薩施無畏印像(1928年)(兵庫県立美術館)

・墨牡丹之図(1930年)(京都国立近代美術館)

・空山清高之図 (1934年)(東京国立近代美術館)

・椿 (1938年)(東京国立近代美術館)

 

   村上 華岳 主な収蔵美術館

・主な収蔵美術館

・東京国立近代美術館

・京都国立近代美術館

・福井県立美術館

・姫路市立美術館

・何必館,京都現代美術館

・山種美術館

・足立美術館

・メナード美術館

 

   村上 華岳 関連書籍

・「巨匠の日本画(9)」 学習研究社(2004/12)

・「画論―文集 」 中央公論美術出版 (2004/06)

 

   村上 華岳 所定鑑定人

・村上暉久子  兵庫県神戸市灘区篠原北町2-4-25   078-861-4712

 

株式会社 川田画廊

〒658-0081 兵庫県神戸市東灘区田中町1-13-22-102 TEL:078-451-1154 FAX:078-451-1155
営業時間:AM10:00~PM6:00 水曜・日曜・祝日休廊 Mail:kawata@ever.ocn.ne.jp