木村 武山 (日本画家)     絵画 販売 買取 評価 価格査定

 

木村 武山  絵画・掛軸作品を販売、買取、評価、価格査定しております。

神戸 川田画廊へお気軽にご相談ください。  

 

〒658-0081 神戸市東灘区田中町1-13-22-102     MAP : >>>

TEL : 078-451-1154         FAX : 078-451-1155     Mail : kawata@ever.ocn.ne.jp

 

OPEN  10:00 - 18:00    水・日・祝日 休廊

 

   木村 武山(きむらぶざん) 日本画家 略歴

1877年 茨城県笠間市箱田の旧笠間藩士木村信義・春の長男としてに生まれる。

      本名は信太郎。

1889年 南画家桜井華陵に師事

1891年 東京の開成中学校に入学。川端玉章の天真社で学ぶ。

1892年 東京美術学校の日本画科に入学。

1895年 東京美術学校卒業。研究科に進級。日本絵画協会絵画共進会に参加。

      橋本雅邦の門に入り、狩野派の奥義を学ぶ。

1899年 日本美術院創設に際し副員。

1902年 日本美術院正員となる。

1907年 日本美術院の五浦移転に際し岡倉天心、横山大観、下村観山、菱田春草ら

      日本美術院首脳部と共に同行、移住。

1908年 第1回文展に「阿房却火」「孔雀明王」などを出品し「阿房劫火」が3等賞受賞。

      国画玉成会に参加、評議員・幹事となる。

1912年 上京。

1914年 日本美術院再興に際し経営者同人・評議員として参加。

1932年 高野山金堂壁画「成道の図」制作。(~1934年)

1935年 故郷の笠間市箱田に総檜造りの大日堂を建立。大日堂の壁画制作開始。

1937年 脳溢血で倒れる。その後右手が不自由となるも左手で描き続ける。

1942年 東京で喘息のため大日堂壁画の完成を見ず死去。享年67歳。

 

 

   木村 武山 主な収蔵美術館

・茨城県近代美術館

・静岡県立美術館

・福井県立美術館

・滋賀県立近代美術館

・愛媛県立美術館

・福岡市美術館

・山種美術館

・ウッドワン美術館

 

 

   木村 武山 所定鑑定人

・木村正夫 

神奈川県伊勢原市板戸536-10   0463-94-2647

 

 

株式会社 川田画廊

〒658-0081 兵庫県神戸市東灘区田中町1-13-22-102 TEL:078-451-1154 FAX:078-451-1155
営業時間:AM10:00~PM6:00 水曜・日曜・祝日休廊 Mail:kawata@ever.ocn.ne.jp