徳岡 神泉 (日本画家)     絵画 販売 買取 評価 価格査定

 

徳岡 神泉  絵画・掛軸作品を販売、買取、評価、価格査定しております。

神戸 川田画廊へお気軽にご相談ください。  

 

〒658-0081 神戸市東灘区田中町1-13-22-102     MAP : >>>

TEL : 078-451-1154         FAX : 078-451-1155     Mail : kawata@ever.ocn.ne.jp

 

OPEN  10:00 - 18:00    水・日・祝日 休廊

 

   徳岡 神泉 (とくおかしんせん) 日本画家 略歴

 

1896年 京都市上京区に生まれる。

1909年 土田麦僊の紹介で竹内栖鳳の画塾竹杖会に入る。

1910年 京都市立美術工芸学校絵画科に入学。

      卒業制作の『寒汀』は学校買い上げ。

1914年 京都市立絵画専門学校本科入学。

1917年 京都市立絵画専門学校卒業。同期に宇田荻邨。

      学校在籍時から文展へ出品するが、ことごとく落選。

1918年 自身会心の作として『魚市場』を出品するが、

      これも落選してしまい、大きな衝撃を受ける。

1919年 京都を離れ富士山麓の岩淵に逃避。この頃、俊成の号を用いる。

1920年 結婚。号を神泉と改める。号の由来は名園として知られる神泉苑から。

1923年 京都に戻り初心に返るつもりで再度竹杖会に参加。    

1925年 第6回帝展に『罌粟(けし)』が初入選。初出品から約12年も経ってのことだった。

1926年 第7回帝展『蓮池』特選。

1927年 第8回帝展『鯉』特選。

1930年 帝国美術院無鑑査の資格を得る。

1936年 上村松篁山口華楊宇田荻邨と水明会に参加。

1938年 新文展審査委員。

1939年 第3回新文展に『菖蒲』を出品。絶賛され文部省買い上げとなった。

1946年 日展審査員。

1951年 『鯉』で日本芸術院賞を受賞。

1957年 日本芸術院会員となる。

1963年 東京、大阪で初の自薦展を開催する。

1966年 文化勲章受章。

1972年 死去。76歳。従三位銀杯を賜った。

 

 

徳岡 神泉 主な作品

・『狂女』(1919年頃、東京国立近代美術館)

・『椿』(1922年頃、同上)

・『後苑雨後』(1927年、京都国立近代美術館)

・『菖蒲』(1939年、東京国立近代美術館)

・『芋図』(1943年、同上)

・『赤松』(1947年、同上)

・『流れ』(1954年、京都市美術館)

・『赤松』(1956年、東京国立近代美術館)

・『枯葉』(1958年、京都国立近代美術館)

・『仔鹿』(1961年、東京国立近代美術館)

 

 

徳岡 神泉 主な収蔵美術館

・東京国立近代美術館

・京都国立近代美術館

・茨城県近代美術館

・静岡県立美術館

・岐阜県美術館

・京都市美術館

・佐久市立近代美術館

・山種美術館

 

徳岡 神泉 関連書籍・図録

・日本の名画〈24〉  講談社 (1973)

・現代日本の美術〈4〉  集英社 (1975)

 

株式会社 川田画廊

〒658-0081 兵庫県神戸市東灘区田中町1-13-22-102 TEL:078-451-1154 FAX:078-451-1155
営業時間:AM10:00~PM6:00 水曜・日曜・祝日休廊 Mail:kawata@ever.ocn.ne.jp