川端 龍子 (日本画家)     絵画 販売 買取 評価 価格査定

 

川端 龍子  絵画・掛軸作品を販売、買取、評価、価格査定しております。

神戸 川田画廊へお気軽にご相談ください。  

 

〒658-0081 神戸市東灘区田中町1-13-22-102     MAP : >>>

TEL : 078-451-1154         FAX : 078-451-1155     Mail : kawata@ever.ocn.ne.jp

 

OPEN  10:00 - 18:00    水・日・祝日 休廊

 

   川端 龍子 (かわばたりゅうし) 日本画家 略歴

1885年 和歌山県和歌山市の呉服商「俵屋」の長男として生まれる。

      異母弟は俳人の川端茅舎(ぼうしゃ)。

1895年 家族とともに上京。

1903年 読売新聞の挿絵募集に入選。油絵を学びながら、挿絵の仕事を続ける。

1904年 水彩を学び、白馬会洋画研究所に入る。

1906年 太平洋画会研究所に入り本格的に油彩を学ぶ。

1907年 国民新聞社に入社。油彩画で第1回文展に入選。

1913年 渡米。

1914年 帰国。

      ボストン美術館で見た絵巻の名作「平治物語絵詞」に感銘を受け、日本画に転向。

1915年 第2回日本美術院展で初入選。平福百穂らと「珊瑚会」を結成。

1916年 第3回院展で樗牛賞を受賞。

1917年 第4回院展で入選。速水御舟等と日本美術院同人となる。

1928年 日本美術院同人を辞退。院展を脱退。

1929年 日本画団体「青龍社」を 創設。

1931年 朝日賞を受賞。

1937年 帝国芸術院会員に任命されたが4日後に辞退。

1938年 宮中御用命「松鯉図」「鯉巴図」を制作。

1940年 満州国新京美術院長に就任。

1950年 妻子の供養のため、四国遍路に赴く。

1959年 文化勲章を受章。

1963年 東京都大田区に龍子記念館が開館。

1966年 池上本門寺祖師堂天井画「龍」制作。(未完)逝去。80歳。

      従三位に叙せられる。

 

 

   川端 龍子 主な収蔵美術館

・東京国立近代美術館

・京都国立近代美術館

・神奈川県立近代美術館

・福井県立美術館

・佐久市立近代美術館

・山種美術館

・足立美術館

 

 

   川端 龍子 関連書籍

・「詠んで描いて四国遍路 」小学館 (2002/07)

・「川端龍子の素描 (1979年) 巨匠の素描シリーズ〈1〉」 渓水社 (1979/10)

 

 

   川端 龍子 所定鑑定人

・東京美術倶楽部鑑定委員会

 〒105-0004 東京都港区新橋6-19-15   03-3432-0191

 

株式会社 川田画廊

〒658-0081 兵庫県神戸市東灘区田中町1-13-22-102 TEL:078-451-1154 FAX:078-451-1155
営業時間:AM10:00~PM6:00 水曜・日曜・祝日休廊 Mail:kawata@ever.ocn.ne.jp