川合 玉堂 (日本画家)     絵画 販売 買取 評価 価格査定

 

川合 玉堂  絵画・掛軸作品を販売、買取、評価、価格査定しております。

神戸 川田画廊へお気軽にご相談ください。  

 

〒658-0081 神戸市東灘区田中町1-13-22-102     MAP : >>>

TEL : 078-451-1154         FAX : 078-451-1155     Mail : kawata@ever.ocn.ne.jp

 

OPEN  10:00 - 18:00    水・日・祝日 休廊

 

   川合 玉堂(かわいぎょくどう) 日本画家 略歴

1873年 愛知県葉栗郡外割田村(現・一宮市木曽川町)で、長男として生まれる。

      父・川合勘七、母・かな女。本名・芳三郎。

1881年 一家で岐阜市に移住、筆墨紙商を営む。

1887年 岐阜県尋常高等小学校を卒業。

      京都・望月玉泉の門に入り、「玉舟」の号を与えられる。

1890年 勧業博覧会出品にあたり、玉泉の玉と外祖父・竹堂の堂をとって「玉堂」と改める。

      第3回内国勧業博覧会で「春渓群猿図」と「秋渓群鹿図」が初入選。褒状を受ける。

1891年 濃尾地震で父・勘七が死去。 母と共に、京都へ移住。

1893年 母・かな女が急性肺炎のため死去。 親戚の大洞の次女・富子と結婚。

1895年 長男・真一が生まれる。

      第4回内国勧業博覧会で「長良川鵜飼」が三等銅牌を受ける。

1896年 上京し、橋本雅邦の門に入る。

1898年 日本美術院創立。 師・橋本雅邦に従ってこれに加わる。

      日本美術院第1回展に入選。

1900年 次男・修二が生まれる。 私塾「長流画塾」も盛んとなる。

1901年 牛込若宮町に転居。

1902年 三男・圭三が生まれる。

1906年 五二共進会審査員となる。 長女・国子が生まれる。

1907年 東京府勧業博覧会で「二日月」が一等賞を受賞。

      第1回文部省美術展覧会(文展)開催。審査員となる。

1908年 橋本雅邦が死去。

      川合玉堂を中心に山水会結成。

1910年 イタリア万国博覧会監査委員になる。

1912年 文展日本画部を二科に区分、日本画部第二科審査員になる。

1914年 農商務省より、大正博覧会審査員になる。

1915年 東京美術学校(現・東京芸術大学)日本画科の教授となる。

1917年 帝室技芸員となる。

1918年 下萌会を復活。東京美術学校日本画科主任になる。

1919年 帝国美術院会員となる。

1921年 三男・圭三が死去。高等官三等となる。

1922年 第1回朝鮮美術展覧会の審査員として朝鮮各地を巡遊。

1924年 川合玉堂、小堀鞆音、下村観山、山元春挙、竹内栖鳳、横山大観、

      6人の淡交会生まれる。

1927年 従四位に叙せられる。

1928年 昭和天皇即位大典用の悠紀屏風揮亳を拝命。

      大礼記念章を受賞。

1929年 勅任官待遇となり勲四等瑞宝章を受章。

1931年 フランス、レジョン・ドヌール勲章を受章。

      イタリアの皇帝よりグランオフイシェー・クーロンヌ勲章を受章。

1933年 ドイツ政府より赤十字第一等名誉章をおくられる。

1935年 改組帝国美術院会員となる。 勲三等瑞宝章を受章。

1936年 帝国美術院松田改組なり、第1回展覧会開かれる。

      東京美術学校教授および帝国美術院会員の辞表を提出。

      平正改組による第1回文部省展覧会開かれる。

1937年 帝国美術院が誕生、会員となる。

1940年 紀元2600年式典当日、文化勲章を受章。

1944年 東京都下西多摩郡三田村町御岳(現・青梅市御岳)に疎開。

      古里村白丸(現・奥多摩町白丸)に転居。

1945年 牛込若宮町(現・新宿区若宮町)の住宅が戦災にあい焼失。

      三田村御岳に移り「偶庵」と称す。

1953年 病を得て療養。

1954年 3月中旬、病気回復。俚歌「御岳杣唄」を作詞。

1955年 名誉都民となる。青梅市の名誉市民となる。

1957年 逝去。84歳。正三位勲一等、旭日大授章追贈。

1961年 西多摩郡御獄に玉堂美術館が開館。

 

 

   川合 玉堂 主な作品

・「二日月」(1907年作、絹本彩色、東京国立近代美術館蔵)

・「行く春」(1916年作、紙本彩色六曲一双屏風、東京国立近代美術館蔵、重要文化財)

・「彩雨」(1940年作、絹本彩色、東京国立近代美術館蔵)

 

 

   川合 玉堂 主な収蔵美術館

・東京国立近代美術館

・茨城県近代美術館

・埼玉県立近代美術館

・静岡県立美術館

・群馬県立近代美術館

・新潟県立近代美術館

・石川県七尾美術館

・岐阜県美術館

・名古屋市美術館

・福岡市美術館

・山種美術館

・足立美術館

 

 

   川合 玉堂 関連書籍

・『画集川合玉堂の世界』美術年鑑社(1998/03)

・『巨匠の日本画(3)』学習研究社(1994/02)

・『川合玉堂の画手本』美術年鑑社(1994/01)

・『写生帖(山水編)』グラフィック社(1979/12)

・『写生帖(花鳥編)』グラフィック社(1979/09)

 

 

   川合 玉堂 所定鑑定人

・東京美術倶楽部鑑定委員会

 〒105-0004 東京都港区新橋6-19-15  03-3432-0191

 

 

株式会社 川田画廊

〒658-0081 兵庫県神戸市東灘区田中町1-13-22-102 TEL:078-451-1154 FAX:078-451-1155
営業時間:AM10:00~PM6:00 水曜・日曜・祝日休廊 Mail:kawata@ever.ocn.ne.jp