富岡 鉄斎 (日本画家)     絵画・掛軸 販売 買取 評価 価格査定

 

富岡 鉄斎 絵画・掛軸作品を販売、買取、評価、価格査定しております。

神戸 川田画廊へお気軽にご相談ください。  

 

〒658-0081 神戸市東灘区田中町1-13-22-102     MAP : >>>

TEL : 078-451-1154         FAX : 078-451-1155     Mail : kawata@ever.ocn.ne.jp

 

OPEN  10:00 - 18:00    水・日・祝日 休廊

 

   富岡 鉄斎 (とみおかてっさい)  日本画家 略歴

 

1837年 京都に生まれる。

1855年 女流歌人 大田垣蓮月尼に預けられ薫陶を受ける。

1856年 南北合派の窪田雪鷹、大角南耕に絵の手ほどきを受け、

           南画を小田海僊に、大和絵を浮田一惠に学んだ。

1861年 長崎に遊学し、長崎南画派の祖門鉄翁、木下逸雲らの指導を受けた。

1862年 山中静逸(信天翁)と出会いをきっかけに、画業で生計を立て始めた

        この頃私塾を開設。

1874年 松浦武四郎との交流から北海道を旅し、アイヌの風俗を題材にした

        代表作「旧蝦夷風俗図」を描いている。

1881年 兄 伝兵衛の死に伴い京都薬屋町に転居し、終の住処とする。

1869年 私塾立命館で教員になる。

1886年 京都青年絵画研究会展示会の評議員。

1893年~1904年 京都市美術学校で教員に就任し、修身を教える。

1897年 田能村直入・谷口藹山らと日本南画協会を発足させ南画の発展にも寄与しようとした。

        また今尾景年を通して橋本雅邦と知己となり、明治関東画壇との交流も深まった。

1917年 帝室技芸員

1919年 帝国美術院会員

1920年 聖徳太子御忌千三百年記念美術展に「蘇東坡図」を出している。

1922年 大阪高島屋にて個展。

1924年 大晦日、持病であった胆石症が悪化。京都の自宅にて死去

 

   富岡 鉄斎 主な収蔵美術館

辰馬考古資料館

清荒神清澄寺

 

   富岡 鉄斎 代表作品

 

「阿倍仲麻呂明州望月図」「円通大師呉門隠栖図」(1914年)(国の重要文化財)辰馬考古資料館蔵

「二神会舞図」東京国立博物館蔵

「旧蝦夷風俗図」(1896年)東京国立博物館蔵

「富士山図屏風」(1896年)清荒神清澄寺蔵 紙本著色 六曲一双

「妙義山・瀞八丁図屏風」(1906年)布施美術館蔵 絹本著色 六曲一双

「河内千早城図」湊川神社蔵

「阿倍仲麻呂在唐詠和歌図」足立美術館蔵

 

 

富岡鉄斎鑑定委員会 (大阪美術倶楽部内)

大阪府大阪市中央区今橋2-4-5 TEL:06-6231-9626

 

株式会社 川田画廊

〒658-0081 兵庫県神戸市東灘区田中町1-13-22-102 TEL:078-451-1154 FAX:078-451-1155
営業時間:AM10:00~PM6:00 水曜・日曜・祝日休廊 Mail:kawata@ever.ocn.ne.jp