佐藤 太清 (日本画家)     絵画 販売 買取 評価 価格査定

 

佐藤 太清  絵画・掛軸作品を販売、買取、評価、価格査定しております。

神戸 川田画廊へお気軽にご相談ください。  

 

〒658-0081 神戸市東灘区田中町1-13-22-102     MAP : >>>

TEL : 078-451-1154         FAX : 078-451-1155     Mail : kawata@ever.ocn.ne.jp

 

OPEN  10:00 - 18:00    水・日・祝日 休廊

 

   佐藤 太清 (さとうたいせい)  日本画家 略歴

 

1913年 京都府福知山市字岡ノ上に生まれる。本名實(みのる)。

      出生直後に、両親が病没したため、梶原家にて養育される。

1921年 福知山惇明尋常高等小学校入学。

1927年 福知山実践商業学校入学。

1931年 福知山実践商業学校を卒業。東京都の親戚を頼って上京。

1933年 児玉希望塾に内弟子(1936年迄)として入門。

      当時の門下生には、奥田元宋等がいた。雅号を「太清」とする。

1941年 結婚。

1942年 長女誕生。

1943年 第6回新文展にて「かすみ網」が初入選。

1945年 第1回現代美術展覧会(朝日新聞社主催)に「迎春」招待出品。

1946年 長男誕生。

1947年 第3回日展に「清韻」出品。特選受賞。

1950年 児玉希望門下、伊藤深水門下、矢野橋村門下が合流し日月社を結成。

1953年 第4回日月社展の審査員をつとめ、「阿修羅」出品。

1955年 武蔵野美術大学参与となる。

1958年 「尾山幟・佐藤太清二人展」を東洋美術館画廊(東京都・銀座)で開催。

1959年 第2回新日展の審査員をつとめ、「寂」出品、東京都美術館買上。

1960年 新日展会員となる。

1966年 第9回新日展に「風騒」出品、文部大臣賞受賞。第1回日春展審査員となる。

1967年 前年に出品した「風騒」で、日本芸術院賞受賞。

1971年 日展理事に就任。

1973年 「日本画の系譜、先生と弟子展」(東京セントラル美術館)に「瓶花」出品。

1979年 現代日本絵画展開催に際し文化使節として中国訪問。

1980年 日本芸術院会員となる。

1981年 日展常務理事に就任。渡欧。フランス、イタリア、バチカン等を訪れる。

1982年 メキシコ マヤ遺跡を訪れる。

1983年 「大山忠作、加倉井和夫、加藤東一、佐藤太清 四人展」

      を相模屋美術店(東京都・銀座)にて開催。

1984年 「佐藤太清展」(読売新聞社主催)を松屋銀座、大阪大丸にて開催。

      1985年 勲三等瑞宝章を受章。日展理事長に就任。

1987年 「佐藤太清展」(朝日新聞社主催)を松屋銀座(東京都・銀座)にて開催。

1988年 文化功労者に列せられる。日中文化交流協会常任理事に就任。

1992年 文化勲章を受章。

1993年 皇太子殿下御成婚に際し、「瑞鶴」を宮内庁に納める。福知山市名誉市民となる。

      福知山市美術館にて、「文化勲章記念 佐藤太清展」開催。

      『文化勲章記念 佐藤太清画集』が福知山市より刊行される。

1994年 板橋区立美術館にて「瞬間の生命と永久の時」開催。

2000年 福知山市美術館開館十周年記念特別展「終わりのない旅」開催。

2002年 「第1回福知山市佐藤太清賞公募美術展」(全国公募 福知山市主催)が開催され、

      京都、東京、神奈川を巡回。(以降、毎年開催)

2004年 多器臓不全のため逝去。従三位に叙せられる。逝去。従三位に叙せられる。

      区民文化栄誉賞(板橋区文化振興財団)、区政功労表彰(板橋区)が贈られる。

2006年 板橋区立美術館にて「佐藤太清回顧展-終わりのない旅-」開催。

2007年 福知山市 記念美術館改修記念特別展

      「終わりのない旅Ⅱ」開催。

2008年 奈良県立万葉文化館にて「佐藤太清日本画回顧展 うたごころをえがく」開催。

 

   佐藤 太清 関連書籍

・画集  実業之日本社 (1984/11)

・日本の抒情 花の譜 ふたば書房 (1978/03)

 

株式会社 川田画廊

〒658-0081 兵庫県神戸市東灘区田中町1-13-22-102 TEL:078-451-1154 FAX:078-451-1155
営業時間:AM10:00~PM6:00 水曜・日曜・祝日休廊 Mail:kawata@ever.ocn.ne.jp