下村 観山 (日本画家)     絵画 販売 買取 評価 価格査定

 

下村 観山  絵画・掛軸作品を販売、買取、評価、価格査定しております。

神戸 川田画廊へお気軽にご相談ください。  

 

〒658-0081 神戸市東灘区田中町1-13-22-102     MAP : >>>

TEL : 078-451-1154         FAX : 078-451-1155     Mail : kawata@ever.ocn.ne.jp

 

OPEN  10:00 - 18:00    水・日・祝日 休廊

 

   下村 観山 (しもむらかんざん) 日本画家 

 

1873年 徳川家お抱えの能楽師、下村豊次郎の三男として

       和歌山県和歌山市に生まれる。 本名晴三郎。

1881年 家族と上京。

1882年 狩野芳崖に師事。

1886年 橋本雅邦に師事。

1889年 東京美術学校第1期生として入学。同期に横山大観、西郷孤月。

1894年 東京美術学校卒業と同時に助教授に就任。

1898年 日本美術院創立に参加。

1901年 寺崎広業と共に美術院正員のまま東京美術学校教授に復帰。

1906年 横山大観らと茨城県五浦に移転。

1907年 日本美術院、紅児会等による国画玉成会結成に参加、評議員。

1912年 上京。

1914年 横山大観と日本美術院を再興。

1917年 帝室技芸員。

1922年 フランスサロン準会員。

1928年 日仏両国の美術交流への貢献により仏政府より

      コマンドール・カムボージュ勲章受章。

1930年 横浜で歿。

 

 

下村 観山 主な収蔵美術館

・東京国立近代美術館

・秋田県立近代美術館

・茨城県近代美術館

・神奈川県立近代美術館

・静岡県立美術館

・福井県立美術館

・石川県七尾美術館

・滋賀県立近代美術館

・山種美術館

 

 

下村 観山 代表作品

・「光明皇后」(1897)(宮内庁三の丸尚蔵館)

・「修羅道」(1900)(東京国立博物館)

・「鵜鴎図」(1901)(滋賀県立近代美術館)

・「ダイオゼニス」(1903)(東京国立近代美術館)

・「木の間の秋」(1907)(東京国立近代美術館) 

・「大原御幸」(1908)(東京国立近代美術館)

・「鵜図屏風」(1912)(東京国立博物館)

・「白狐」(びゃっこ)(1914)(東京国立博物館)

・「弱法師」(よろぼうし)(1915)(東京国立博物館)(重要文化財)

・「春雨」(1916)(東京国立博物館)

・「楠公」(1921)(東京国立博物館)

・「景雲餘彩」(1922)(宮内庁三の丸尚蔵館)

 

 

下村 観山 関連書籍

・現代日本絵巻全集〈4〉  小学館 (1982/08)

・現代日本の美術〈1〉  集英社 (1977/03)

・その人と芸術 開館記念特別展  山種美術館 (1980)

 

 

下村 観山 所定鑑定人

・遺族会 神奈川県横浜市港北区下田町6-21-12 045-561-4325

 

株式会社 川田画廊

〒658-0081 兵庫県神戸市東灘区田中町1-13-22-102 TEL:078-451-1154 FAX:078-451-1155
営業時間:AM10:00~PM6:00 水曜・日曜・祝日休廊 Mail:kawata@ever.ocn.ne.jp