アンディー・ウォーホル 版画・シルクスクリーン  販売 買取 評価 価格査定

 

アンディー・ウォーホルの絵画、版画・シルクスクリーンプリント

販売、買取、評価、価格査定しております。

 

神戸 川田画廊へお気軽にご相談ください。  

 

〒658-0081 神戸市東灘区田中町1-13-22-102     MAP : >>>

TEL : 078-451-1154         FAX : 078-451-1155     Mail : kawata@ever.ocn.ne.jp

 

OPEN  10:00 - 18:00    水・日・祝日 休廊

 

 

 

   アンディー・ウォーホル  Andy Warhol  略歴

 

1928年 8月6日アメリカペンシルヴァニア州ピッツバーグでスロヴァキアの

      移民の家に生まれる。

1942年 父が死去。

1945年 貧困のためトラックで八百屋などのアルバイトをしながらピッツバーグの

      シェンリー高校を卒業後、カーネギー工科大学に入学。絵画等を専攻する。

1949年 カーネギー工科大学を卒業、美術学士号を取得。

1950年 50年代のウォーホルは、アイ・ミラー社の靴の広告、雑誌「ヴォーグ」

      ティファニー宝石店のウィンド装飾などを手がける。

1952年 初個展をニューヨーク、ヒューゴー画廊で開催。

1954年 イラスト集「サムという名の25匹の猫と1匹の青い仔猫ちゃん」を刊行。

1957年 靴の広告デザインで〈アート・ディレクターズ・クラブ・メダル〉を受賞。

      個展=ニューヨーク:パドレイ画廊[黄金の絵画展]

1958年 個展=ニューヨーク:パドレイ画廊[アメリカの黄金のスリッパと靴]

1959年 個展=ニューヨーク:パドレイ画廊[食物]

1961年 画商で室内装飾家のミュリエル・レイトウからキャンベル・スープ缶と

      ドル紙幣を描くアイデアを買い取り、後にスープ缶、野球、

      映画、ポップスターなどのシルクスクリーンの絵を発表していく。

1962年 マリリン・モンローの死に出会い、「マリリン」を制作。

1963年 映画の制作を始める。

      グッゲンハイム美術館(NY)での「Six painter and the object」展に出品。

1966年 映画「チェルシー・ガールズ」制作。

1967年 カンヌ映画祭にアンダーグラウンド映画として、初めて出品する。

      ホイットニー美術館(NY)での、「シックスティーズ」に出品。

      Expo’67合衆国館「アメリカ現代美術展」に出品。

1968年 個展=ストックホルム:近代美術館[ウォーホル展]ほか。

1969年 個展=ベルリン国立美術館、ニューヨーク:レオ・キャステリ画廊ほか。

1970年 自ら撮った著名な有名人写真による肖像画を多作する。

      「ライフ」誌は、60年代に最も影響力のあった人物として、

      ビートルズとウォーホールを挙げる。

      最初の回顧展が翌年にかけて、パリ市立近代美術館、シカゴ現代美術館、

      テート・ギャラリー、ホイットニー美術館などを巡回する。

1971年 ローリングストーンズのアルバムのジャケットを制作。

      個展=ゴッタム・ブックマート画廊[アンディ・ウォーホール初期作品展]

      個展=デイヴィット・ホイットニー画廊[キャンベル・スープ缶Ⅱ]ほか。

      日本で最初の個展(渋谷、西部百貨店)

1972年 母、ピッツバーグで歿。社交界からの注文肖像画を手がけはじめる。

1973年 個展=オハイオ:ニュー・ギャラリー、パリ:ミュゼ・ガレリアほか。

      個展=東京、神戸:大丸。この日本最初の回顧展のため来日する。

      個展=パリ:ミュゼ・ガレリア、ロンドン:メイヤー画廊ほか。

1975年 「アンディ・ウォーホルの哲学」を刊行。個展=ボルチモア美術館ほか。

1976年  [ドローイング1942-1975]展がシュツットガルト美術館、20世紀美術館を巡回。

1977年 個展=ニューヨーク:レオ・キャステリ画廊

1978年 個展=チューリッヒ美術館、ロンドン:現代美術協会ほか。

1979年 個展=ホイットニー美術館[70年代のポートレート展]

1980年 「ポッピズム〈ウォーホルの60年代〉」を刊行。

1981年 個展=20世紀美術館[ウォーホル'80・・・リヴァーサル・シリーズ]ほか

1983年 ファクトリーを移転。冬季オリンピック・サラエボ大会のポスターを制作。

      日本での展覧会のために「KIKU」シリーズ、「LOVE」シリーズを制作。

      渋谷パルコにて個展。「アンディー・ウォーホル・センセーション’83」

1985年 ウォーホル・バスキア展(ニューヨーク:トニー・シャフラジィ画廊)

1987年 ニューヨーク:ロバートミラーギャラリーで初めてのウォーホル写真展開催。

      心臓発作のため死去。68歳

 

株式会社 川田画廊

〒658-0081 兵庫県神戸市東灘区田中町1-13-22-102 TEL:078-451-1154 FAX:078-451-1155
営業時間:AM10:00~PM6:00 水曜・日曜・祝日休廊 Mail:kawata@ever.ocn.ne.jp